検索

春の消防訓練!実際の現場を想定して・・・

重要だが緊急ではないこと。にしっかりと取り組めるか。がとても大切です。 防火管理者の資格をもつスタッフの指導の元、 避難の注意点や消化器設置場所の報告、 サービス提供中の判断について確認を行いました。 よりサービス中の実際の状態に近づけて訓練を実施しました。 スタッフ2人には実際さながらの実演をしてもらって批難開始! 玄関から避難できない場合を想定し、窓からの避難訓練も実施しております。 これからも安心安全にご利用者様が通っていただけるよう 日々、地道ではありますが大切な訓練に時間を掛けて取り組んでまいります。

今月のミーティング〜接遇研修と部門計画〜

今月の定例ミーティングは二本立て。 接遇マナー研修と来期部門計画の立案ミーティングです。 接遇マナー研修では、代表の田中が講師となって 基本に立ち返り、挨拶、笑顔、姿勢、動作などをビデオ学習を通じて学びました。 そして、自分の挨拶がしっかりと出来るか、 スマホで撮影して自分自身を振り返りのロープレも行いました。 各医療・福祉スタッフも専門職として経験が豊富だとしても 人生の大先輩の方々への正しい礼節が伴っていなければ よりよい信頼関係はもちろん作れず、そして、自立支援へ資する 適切なリハビリテーションへも繫がりません。 大事なことだからこそ、何度も、何度も、 これからも基本に忠実に学びを通じて成長をして参ります。 そして何より当社社員一同、学びに積極的なので受講姿勢が素晴らしいですね。 そして、来期への部門計画の立案ミーティング。 よりより明日は自分たちで計画していく、 昨日より今日、今日より明日へと繋がる計画を作ってまいります。 基本に忠実に、そして、常により良い明日を目指して。 今後共、リハビリテーション颯札幌中央は歩み続けます。

© 2016 by Family Care Support